「ケノンヒーターの電気代って目安はいくらなの?」とお考えのあなたへ

この記事は約3分で読めます。

ケノンヒーターを買おうかなと思ってるんだけど、電気代っていくらぐらいするの?目安とかあれば知っておきたいな・・・

ケノンヒーターの電気代は○○円が目安!<1時間あたり>

 

結論から言うと、ケノンヒーターの1時間あたりの電気代は、13.5円~33.6円が目安になります。

「なぜ、その金額になるの?」

その理由を書いていきますね。

 

1時間あたりの電気代は、

電気代=消費電力(kW)×単価(円)

で計算できます。

 

・ケノンヒーターの消費電力 500~1400W

・電気代の単価(※) 27円/1kWh

(※2014年4月 全国家庭電気製品公正取引協議会「電気料金の目安単価」より)

なので、上に当てはめて計算すると、およそ13.5円~33.6円という計算になります。

 

じゃあ、ケノンヒーターを1日使った場合は・・・

 

・ケノンヒーターを寝室で使う。

・寝る前に部屋を暖めて、朝起きるまでの時間(夜10~朝6時)の8時間とすると・・・

 

1時間当たりの電気代がおよそ13.5~33.6円なので、

1日あたりの電気代は、およそ108~268.8円が目安になります。

ケノンヒーターの電気代 ほかの暖房器具との比較

とはいっても、いまいちピンとこないですよね。

「乾燥しない暖房器具」ということで、以下の暖房器具と電気代を比較してみました。

 

ケノンヒーターを上手に使って、電気代を抑える方法

え、1日に268円もかかる可能性があるってことなんだ・・・思ったより高くて、少しビックリ・・・

確かに、ケノンヒーターの電気代って高く感じますよね。

しかし、1日あたりの電気代が268円というのは、フルパワーで8時間使ったときの話

工夫して使うことで、電気代を抑えながら効率よくお部屋を暖めることもできますよ。

その方法を2つほど書いてみますね。

部屋が暖まってきたら、パワーを落とす

ケノンヒーターのスイッチを入れ、ある程度部屋が暖まってきたら、パワーを中や弱にして使ってみましょう。

例えば、こんな使い方。

1.寝る1時間くらい前から、フルパワーで部屋を暖める。

2.ある程度部屋が暖まってきたら、中や弱に切り替えて眠りにつく。

パワーを落とせば、その分だけ消費電力が減るので、電気代を抑えることができます。

 

ケノンヒーターを窓際に置く

ケノンヒーターを使うときは、窓際に置くのもおすすめです。

寒い冬って、閉め切っていても、窓からひんやりとした空気を感じませんか?

せっかく部屋を暖めても、冷気が入ってきてしまっては・・・ですよね。

ですので、ケノンヒーターを使うときは、窓際に置いてみましょう。窓からの冷気を抑えつつお部屋全体を効率的に暖めることができます。

 

「これで劇的に電気代が減る」なんてことはあり得ませんが、工夫して使うことで電気代を少しでも抑えることにつながるので、よろしければ試してみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました